資料請求する
ホームお役立ち情報Zoom PhoneとSalesforceの連携方法(Zoom for lightning)

Zoom PhoneとSalesforceの連携方法(Zoom for lightning)

Zoom PhoneとSalesforceの連携方法です
2023.8.22
Zoom PhoneとSalesforceの連携方法(Zoom for lightning)

※この記事は2023年8月21日現在の記事です。Zoom社の仕様変更などにより内容が変わる可能性がありますのであらかじめご了承ください。

事前準備

  1. Zoom Phoneライセンスを所持するZoomユーザーアカウントをご用意ください。
  2. Salesforce Lightningの環境に管理者としてログインできる権限をお持ちの方が作業してください。
  3. AppExchangeよりSalesforceにZoom for lightningアプリのインストール
    注:アプリがインストールされていない場合は、ZoomおよびSalesforceの管理者に連絡してください。

ズーム権限セットへのユーザーの追加

  1. [設定]> [管理]> [ユーザー]> [権限セット]から以下の操作を行ってください。
  • Zoom Admin:クリック→割当の管理→Salesforce上でZoom Phoneの設定等を管理する方を割り当ててください。
  • Zoom Phone User:クリック→割り当ての管理→実際にSalesforce上でZoom Phoneをご利用いただくユーザーの方を割り当ててください。


authorities

コールセンターへのユーザーの追加

1. [設定]ページに移動し、クイック検索フィールドに「コールセンター」と入力します。

call center

2. [コールセンター]をクリックし、[次へ]をクリックします。

3. [Zoom Phone]をクリックします。

4. [コールセンターユーザの管理] > [ユーザーの追加]をクリックします。

callcenter

5. 追加したいユーザーを検索し、チェックを入れて[コールセンターに追加]ボタンをクリックします。

 

ソフトフォンレイアウトの設定

1. 設定ページに移動し、クイック検索フィールドに「ソフトフォンレイアウト」と入力します。

2. [ソフトフォンレイアウト]をクリックし、「次へ」をクリック。次のページで「新規」ボタンをクリックします。

3. 以下の通り設定します。

    • 名前:ZoomPhoneLayout
    • デフォルトのレイアウト:有効
    • 通話種別を選択する:発信と着信のそれぞれの設定を変更できます。
      • 表示する通話関連項目:通話者ID、発信番号
      • 表示するSalesforceオブジェクト:取引先、取引先責任者、リード

        set up softphone layout

4. 画面ポップ設定を画像のように変更し、[保存]をクリックします。

5. [ソフトフォンレイアウトの割り当て]をクリックして、ユーザープロファイルに正しい電話レイアウトが割り当てられていることを確認します。

assign softphone layout

Salesforce Lightningの追加設定

Salesforce LightningのZoomPhoneアプリケーションを表示するには:

1. 設定ページに移動し、クイック検索フィールドに「アプリケーションマネージャ」と入力します。

2. [アプリケーションマネージャ]をクリックし、[セールス]行(その他、ご利用されてるアプリケーションがあれば該当するアプリ全てに適応してください)右端の▼の後、[編集]をクリックします。(ClassicではなくLightningを選択されるようご注意ください)

3. [ユーティリティ項目 (デスクトップのみ)]タブを開き、 [ユーティリティ項目を追加]ボタンをクリック、[Open CTIソフトフォン]をクリックします。

4. 表示ラベルに「Zoom Phone」など任意の名称を入力してください。パネルの幅や高さはデフォルト値として340✕480が入っていますが変更可能です。下部の「自動的に開始」にチェックが入っていることを確認してから[保存]をクリックします。

ctisoftphone

自動通話の設定

1. ZoomWebポータルにログインします。

2. [管理者]>[アカウント管理]>[アカウント設定]の[Zoom Phone]タブをクリックします。

3. [サードパーティアプリから自動的に発信する]を有効にします。

3rd app

ZoomPhoneアプリの設定

config


1. 画面左上アプリケーションランチャーの検索ボックスに「config」と入力。「Zoom User Config」が表示されるのでクリックします。

2.Zoom Phone Settingsをクリックし、画面に表示される「Authorize from Zoom App Marketplace」をクリックすると、アプリ連携の認証画面が表示されるのでAllowをクリックしてください。

注:Allowが表示されない場合、「Switch Account」からSalesforceと同じメールアドレスのZoomユーザーとしてログインし直してください。

認証後にSalesforceの画面をリロードし、以下のような赤文字が表示されていれば連携完了です。

 

3.続いて、画面左上アプリケーションランチャーの検索ボックスに「zoom」と入力。[Zoom Admin for lightning]が表示されるのでクリックし、遷移先画面に表示されるZoom Phoneの[Settings]をクリックしてください。

4.画面左の[Zoom Phone Settings]をクリックしてください。
以下1-4の設定が可能ですので必要に応じて設定してください。

注:2の「Auto Save Call Logs」には必ずチェックを入れるようにしてください。

  1. Customize
    ZoomPhoneコール時のパネルに表示させるウィジェット内容の追加・削除ができます。
    注:サポートされている型は、text、textarea、またはpicklistです。
  2. ログの設定
    以下を参考に、必要なものにチェックを入れてください。
      1. Auto Save Call Logs
        通話ログをSalesforceに自動的に保存します。この設定を無効にすると、ユーザーは通話履歴の保存または削除を選択できます。
      2. Auto Save SMS
        SMSのログをSalesforceに自動的に保存します。
      3. Enable Editable Contact/Lead
        有効にするとユーザーが連絡先とリードを手動で入力して検索できるようにします。この設定を無効にすると、電話番号に一致する連絡先のドロップダウンリストがユーザーに提供されます。
      4. Ignore Internal Calls
        有効化するとSalesforceの内部コールは表示や記録がされません。
  3. Sales Engagement Settings
    Salesforce内でSales Engagementを利用されている場合は、Sales Engagementのフィールド設定が可能です。
  4. "Related to" Settings
    パネルのRelate toに設定する項目を選択できます。ここで設定した項目を架電中もしくは架電終了後に入力すると、ToDoの関連先に転記されます。

 

 

関連記事

お問合せフォーム

必要事項を入力の上、お問い合わせください(*は必須入力です)

おすすめ記事

カテゴリ